日時

2022年4月18日(月)15:00〜17:40
 

開催形式

Zoomオンライン配信
https://forms.gle/wrC7RjyfRwCikUoP6

登録されたアドレスにID・パスワードを送付いたします。

 

プログラム

15:00〜16:00

第19回MACSコロキウム

『形態形成の多細胞力学シミュレーション』

 講演者:井上 康博 博士(京都大学大学院工学研究科マイクロエンジニアリング専攻)

多細胞生物の器官の形は、その機能発現と深く関わっており、その形の成り立ち(形態形成)には、個々の細胞が生み出す力が重要な働きをしています。近年、形態形成を多細胞の力学をもとに、計算機を用いたシミュレーションで解析できるようになってきました。多細胞力学シミュレーションの概要、現状や課題について紹介します。

16:05~17:40

 

2022年度MACS学生説明会

16:05〜17:00 スタディグループ2022の代表教員・参加教員による企画説明(各5分程度)

 

・SG2022-1データ同化の数理と応用:理論モデルとデータをつなぐデータサイエンス

代表教員:坂上 貴之(数学・数理解析専攻)

・SG2022-2XRで見る・3Dで触る先端科学

代表教員:稲生 啓行(数学・数理解析専攻)

・SG2022-3生命のダイナミクスを観て(観察)考える(数理)

代表教員:高橋 淑子(生物科学専攻)

・SG2022-4自然科学における統計サンプリングとモデリング:数理から実践まで

代表教員:林 重彦(化学専攻)

・SG2022-5理化学研究所と MACS を繋ぐパイプライン

代表教員:小林 俊介(数学・数理解析専攻)

・SG2022-6「かたちづくり」の数理を発見しよう!

代表教員:市川 正敏(物理学・宇宙物理学専攻)

・SG2022-7疾患における集団的細胞挙動の数理モデルの開拓

代表教員:Karel Svadlenka(数学・数理解析専攻)

・SG2022-8コンピュータでとことん遊ぶ

代表教員:藤 定義(物理学・宇宙物理学専攻)

・SG2022-9バクテリアと数理をつなぐ

代表教員:佐々 真一(物理学・宇宙物理学専攻)

・ SG2022-10数学者と学ぶ量子力学

代表教員:楠岡 誠一郎(数学・数理解析専攻)

・ SG2022-11ソースコードから始まる異分野交流

代表教員:伊丹 將人(物理学・宇宙物理学専攻)

 

17:10〜17:40 各スタディグループの個別説明

※スタディグループ(SG)参加対象:

主に理学部・理学研究科の学生が参加対象です。それ以外の学生の登録も可能ですが, 参加希望者多数の場合は調整の可能性があります。
 

備考

◎本コロキウム・説明会は理学部・理学研究科の学生・教職員が対象ですが、京都大学・理化学研究所に在籍されている方はどなたでもご参加いただけます。
◎学内教育プログラムに関するイベントであるため、学外・一般の方の登録は原則不可としております。ご登録いただきましてもリストより削除させていただくことがあります。
◎なお、MACSコロキウムの講演は講師の先生の許諾が得られた場合、後日京都大学OCW(YouTube) に公開されますので、そちらをご覧いただきますようよろしく御願いします。
http://www.sci.kyoto-u.ac.jp/academics/programs/macs/archives.html
◎コロキウムや募集説明会に参加できなくても、スタディグループへの参加登録は可能です。後日、説明会で使用した資料が以下に掲載されますので、ぜひご参照いただき参加登録をご検討ください。
http://www.sci.kyoto-u.ac.jp/academics/programs/macs/sg/sg2022/
◎問い合わせ先:macs * sci.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)