第15回MACSコロキウム・2021年度MACS学生説明会

第15回MACSコロキウム・2021年度MACS学生説明会

日時

2021年4月23日(金)15:00〜17:40

 

開催形式

Zoomオンライン会議

参加登録:https://forms.gle/rzGRtks1pLgQoFL6A

 

プログラム

15:00〜16:00

第15回MACSコロキウム

「機械に認識させるとはどういうことか」

石川 博 博士(早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部 情報理工学科)

講演者は計算機に視覚を与えたいが、それはいったい何をすることなのかがよく解らない。数学の一つの特徴は、何について何を言っているのかよくわかることである。そのため現実の問題を数学的にうまく定式化すると、本質を捉えて多くの問題を解決することができるが、最初の定式化が難しい。視覚には多くの一面的な定式化が存在するが、それさえ最近まで解けなかった。講演では視覚がなぜ難しいのかということから始めて、最近起こったブレークスルーと、それでも残された問題について紹介したい。

16:05~17:40

 

2021年度MACS学生説明会

16:05〜17:00 スタディーグループ2021の代表教員・参加教員による企画説明(各5分程度、順不同)

 

・データ同化の数理と応用:理論モデルとデータをつなぐデータサイエンス

代表教員:坂上 貴之(数学・数理解析専攻)

・XRで見る・3Dで触る先端科学

代表教員:稲生 啓行(数学・数理解析専攻)

・本物を見て考えよう!:脊椎動物の胚観察から数理の可能性を探る

代表教員:高瀬 悠太(生物科学専攻)

・自然科学における統計サンプリングとモデリング:数理から実践まで

代表教員:林 重彦(化学専攻)

・理化学研究所と MACS を繋ぐパイプライン

代表教員:小林 俊介(数学・数理解析専攻)

・自然界に見られる大きさと時間を見比べる

代表教員:小山 時隆(生物科学専攻)

・疾患における集団的細胞挙動の数理モデルの開拓

代表教員:Karel Svadlenka(数学・数理解析専攻)

・コンピュータでとことん遊ぶ

代表教員:藤 定義(物理学・宇宙物理学専攻)

・理学におけるデータ科学:理論と実践

代表教員:中野 直人(理学研究科 連携講師)

・自然放射線の時系列データを読み解く

代表教員:藤井 俊博(京都大学 白眉センター・理学研究科)

・生命流体×流線トポロジーデータ解析(TFDA):生命のつくる流れとトポロジー

代表教員:坂上 貴之(数学・数理解析専攻)

 

17:10〜17:40 各スタディーグループの個別説明(Zoomブレイクアウトルーム)

※スタディーグループ(SG)参加対象:

主に理学部・理学研究科の学生が参加対象です。それ以外の学生の登録も可能ですが, 参加希望者多数の場合は調整の可能性があります。

 

今年度のSGの情報は以下のHPから得ることができますので参考にしてください。

http://www.sci.kyoto-u.ac.jp/ja/academics/programs/macs/sg/sg2021/
 

備考

◎本コロキウム・説明会は理学部・理学研究科の学生・教職員が対象ですが、京都大学の方ならどなたでもご参加いただけます。
◎問い合わせ先:macs * sci.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)