第9回 MACSコロキウム

第9回 MACSコロキウム

日時

2019年7月12日(金曜日)16時15分~

 

場所

理学部6号館401講義室
アクセス 建物配置図(北部構内)【4】の建物

 

プログラム

16:15〜 ティータイム

16:30~

 

「ひとりでに組み上がる分子」
藤田 誠氏 -ウルフ賞-
東京大学大学院 工学系研究科 教授

 

分子でできたパーツを自在に組み立てて極限的に小さいコンピュータやマイクロマシンをつくり上げることは、人類が掲げてきた夢の技術のひとつです。今から30年ぐらい前に、私たちは、ばらばらの分子のパーツに金属イオンを作用させると、配位結合と呼ばれる「分子と金属イオンを引きつける弱い力」が作用し、狙いとする働きをもった分子の集合体がひとりでにくみあがる現象を発見しました。本コロキウムでは、このような「分子の自己集合」の原理にもとづいた、究極的な省エネ・省資源のものづくりをお話します。
(講演終了後、質疑応答)

17:50~

「タンパク質の品質管理」
森 和俊氏 -ラスカー賞-
京都大学大学院 理学研究科 教授

 

生き物の基本単位は細胞です。細胞の中に存在する最重要物質は、DNAとタンパク質です。DNAが遺伝物質(子が親に似るのはDNAを受け継ぐからです)であるのに対して、タンパク質は生命活動の担い手であります。

生命活動の基本はDNAに書き込まれた暗号を解読してタンパク質を正しく作りつづけることと言っても過言ではありません。タンパク質が最適な立体構造を獲得し、それが維持されるための実に巧妙な仕組みをお話しいたします。
(講演終了後、質疑応答)

 

備考

京都大学の学生・教職員はどなたでもご参加いただけます。申し込み不要。

 

問い合わせ先

macs*sci.kyoto-u.ac.jp 〔*を@に変えて送信してください〕