第8回 MACSコロキウム・2019年度MACS学生説明会

第8回 MACSコロキウム・2019年度MACS学生説明会

日時

2019年4月12日(金曜日)午後3時から

 

場所

理学部6号館401講義室
アクセス 建物配置図(北部構内)【4】の建物

 

プログラム

15:00〜 ティータイム

15:15~

 

「同期現象の数理」
千葉 逸人氏 (東北大学 材料科学高等研究所 教授)

 

多数集まった同一の"モノ"たちが相互作用を及ぼし合うことによってその足並みを揃えてしまう現象を同期現象といいます。古くは壁に掛けた2つの振り子時計の同期が知られていますが、今日ではホタルの集団発光、ニューロンの発火、心臓の拍動など、自然界の様々な場面で発見されています。

同期現象を説明するための代表的な数理モデルとして蔵本モデルが知られています。講演では「相互作用の大きさがある閾値を超えると同期が起こる」という有名な蔵本予想とその数学的な背景について,数学以外の分野の方にもわかりやすく紹介したいと思います。

(講演終了後、質疑応答)

16:45~

2019 年度MACS学生説明会

スタディグループ2019 の代表教員・参加教員らによる企画説明

 
  • データ同化の数理と応用:理論モデルとデータをつなぐデータサイエンス
    代表教員:坂上 貴之(数学・数理解析専攻)
  • VRで見る・3Dで触る先端科学
    代表教員:稲生 啓行(数学・数理解析専攻)
  • 本物を見て考えよう!:脊椎動物の胚観察から数理の可能性を探る
    代表教員:高瀬 悠太(生物科学専攻)
  • 理学における代数的手法
    代表教員:石塚 裕大(数学・数理解析専攻)
  • 自然科学における統計サンプリングとモデリング:数理から実践まで
    代表教員:林 重彦(化学専攻)
  • 自然科学の対象としての経済への数理的アプローチ
    代表教員:太田 洋輝(物理学・宇宙物理学専攻)
  • 脳科学に関わる数理
    代表教員:加藤 毅(数学・数理解析専攻)
  • 動的な秩序の発展を追う
    代表教員:松本 剛(物理学・宇宙物理学専攻)
  • 疾患における集団的細胞挙動の数理モデルの開拓
    代表教員: Karel Svadlenka (数学・数理解析専攻)
  • コンピュータでとことん遊ぶ
    代表教員:藤 定義(物理学・宇宙物理学専攻)
  • 理学におけるデータ科学実践:機械学習で自然科学を読み解けるか
    代表教員:中野 直人(理学研究科 連携講師)
  • 新時代を切り開く量子計算:量子コンピュータを動かそう
    代表教員:榊原 航也(数学・数理解析専攻)
  • 理学研究科の研究者を訪ねる会 ― うまくいってないこと、うまくいかなかったことを教えてください -
    代表教員:佐々 真一(物理学・宇宙物理学専攻)

18:00~

懇親会 *学生無料 / 教職員1,000円程度

備考

◎京都大学の学生・教職員はどなたでもご参加いただけます。申し込み不要。
◎問い合わせ先:macs@sci.kyoto-u.ac.jp