第4回 MACSコロキウム・平成30年度MACS学生説明会

第4回 MACSコロキウム・平成30年度MACS学生説明会

日時

2018年4月27日(金曜日)午後3時から

 

場所

理学部6号館401講義室
アクセス 建物配置図(北部構内)【4】の建物

 

プログラム

15:00〜 ティータイム

15:15~

 

「ある場の量子論屋の見た数学」
立川 裕二氏(東京大学 国際高等研究所 カブリ数物連携宇宙研究機構・教授)

 

少しでも畑の違う人からすると、理論物理も数学も似たようなものに見えるのではないでしょうか。しかし、実際にその中で暮らしてみると、随分違いがあるものです。

 

場の量子論は、ちょうどこの理論物理と数学の境目に位置している分野で、私はこの境目のすこし物理側で研究をしているため、数学側の様子もしばしば覗くことになります。

 

今回の講演では、その過程で私の巡り合ったいろいろな驚きをお話したいと思います。それを通じて、場の量子論とは何か、場の量子論の研究がどんなものであるかが、少しでも伝わればよいと思います。

(講演終了後、質疑応答)

16:45~

平成30年度MACS学生説明会

スタディグループ2018 の代表教員による企画説明

 
  • データ同化の数理と応用:理論モデルとデータをつなぐデータサイエンス
    坂上 貴之(数学・数理解析)
  • VRで見る・3Dで触る先端科学
    稲生 啓行(数学・数理解析)
  • 本物を見て考えよう!:脊椎動物の胚観察から数理の可能性を探る
    高瀬 悠太(生物科学)
  • 種々の実例から考えるパターン理論」
    石塚 裕大(数学・数理解析)
  • 自然科学における統計サンプリングとモデリング:数理から実践まで
    林 重彦(化学)
  • 自然科学へのゲーム理論的アプローチ
    太田 洋輝(物理学・宇宙物理学)
  • 脳科学に関わる数理
    加藤 毅(数学・数理解析)
  • 数理で探求する生命現象の新たな描像
    市川 正敏(物理学・宇宙物理学)
  • 疾患における集団的細胞挙動の数理モデルの開拓
    Karel Svadlenka (数学・数理解析)
  • コンピュータでとことん遊ぶ
    藤 定義(物理学・宇宙物理学)
  • 理学におけるデータ科学実践:機械学習で自然科学を読み解けるか
    中野 直人(理学研究科 連携講師)

17:45~

懇親会 *学生無料・教職員1,000円程度
 

備考

*理学部・理学研究科の学生・教職員が対象ですが、京都大学の方ならどなたでも聴講できます。申し込み不要。