第3回 MACSコロキウム・平成29年度MACS成果報告会

第3回 MACSコロキウム・平成29年度MACS成果報告会

日時

2018年2月23日(金曜日)午後3時から

 

場所

理学部6号館401講義室
アクセス 建物配置図(北部構内)【4】の建物

 

プログラム

15:00〜 ティータイム

15:30~

 

「生体分子モーター運動の数理とシミュレーション」
高田 彰二氏(理学研究科 生物科学専攻 教授)

 

デ我々は日常生活でさまざまなモーター(エンジン)を使いますが、我々の体を作る細胞の中でも、いろいろな意味でよく似たモーターがたくさん使われています。人工のモーター(エンジン)と同じように、細胞内にある生体分子モーターにも、回転型のモーターやリニアモーターがあります。また、生体分子リニアモーターには、歩行型と尺取虫型という、すくなくとも2つの様式があります。
生体分子モーターは、どのように動いていて、それは人工のモーターとどう似ていて、どのように異なるでしょうか。実験で分かってきたこと、コンピュータシミュレーション、数理モデルを通じて、生体分子モーターが動く仕組みについて紹介しようと思います。(講演終了後、質疑応答)

16:30~

平成29年度MACS成果報告会

  • SG1: データ同化の数理と応用:理論モデルとデータをつなぐデータサイエンス
  • SG2: イメージングと数理の融合:動きや形の定量とモデリング
  • SG3: VRで見る・3Dで触る先端科学 17:45より 懇親会にてVR実演・体験【懇親会にてVR実演・体験】
  • SG4: 種々の実例から考えるパターン理論
  • SG5: Category Theory and Sciences
  • SG6: 細胞内化学反応の数理モデリング
  • SG7: 自然科学における統計サンプリングのプログラミング・シミュレーションの実践
  • SG8: 振動/運動でつなぐ生命現象と数理的原理
  • SG9: 本物を見て考えよう!:脊椎動物の胚観察から数理の可能性を探る

17:45~

懇親会 *学生無料 / 教職員1,000円程度
SG3によるVR実演・体験
 

備考

*理学部・理学研究科の学生・教職員はどなたでもご参加いただけます。申し込み不要。