生物多様性コロキウム共催 MACS 特別セミナー

生物多様性コロキウム共催 MACS 特別セミナー

あなたは転写因子派、エピジェネティクス派?

日時

2018年11月7日(水)16:30〜

 

場所

京都大学理学部1号館106号室(BP1)
アクセス 建物配置図(北部構内)【2】の建物

 

講師

Ken W.Y. Cho 教授
Developmental and Cell Biology, School of Biological Sciences, University of California, Irvine

 

概要

鶏と卵のどちらが先にできたのかと聞かれたらどう答えますか? これと類似した課題が実は初期発生にもあります。動物の発生は一つの全能性細胞(受精卵)を作ることで始まり、やがて受精卵は細胞分裂を経て、3つの胚葉(内、中、外胚葉)へと分化します。この過程で重要なのは、転写因子による遺伝子制御と、クロマチンのエピジェネティクスです。では初期発生時期の細胞運命を司る遺伝子の発現は、どちらのメカニズムがより有効に作用しているのでしょうか? システムバイオロジーのデーターをもとにカエルとマウスでのお話しをします。