第2回地磁気に関する市民科学ワークショップ 〜あなたが生まれた時、それはオーロラの輪が大きく広がっていた時だったかもしれない〜

第2回地磁気に関する市民科学ワークショップ 〜あなたが生まれた時、それはオーロラの輪が大きく広がっていた時だったかもしれない〜

facebooktwitter

2019/03/18更新

 

日時

2019年3月16日(土)13時00分~16時30分

 

場所

理学研究科セミナーハウス
アクセス:建物配置図10番

 

開催趣旨

地球でオーロラがよく見えるのは、極を取り囲むドーナツ状の領域です。この領域は、ある時には緯度を下げて大きく広がっていきます。あなたが生まれた時、このオーロラの輪はどんな風に広がっていたのでしょうか。一緒に探ってみませんか。今回は、オーロラの輪を表すモデルを各自のコンピュータで動かしていただきます。そのモデルと世界各地で取得された地磁気のデータをあわせることにより、そのモデルの有用性を知るとともに、オーロラの輪に沿ってどんなことが起こっていたのかを学びましょう。

 

ご自分のノートコンピュータ(無線LAN 装備)を持参できる方が望ましいですが、そうでない方にはこちらでノートコンピュータをお貸しいたします。申込みの際、希望を明記してください。また、ご自分の地図帳(北極域が記されているもの)があると便利です。なお、当日の作業において、ご自分の生まれた「時間」が必要になります。わかる範囲でご用意ください。

 

対象

 中学生以上
 

定員

 24名
 

参加申し込み

以下サイトより申し込んでください。(参加費無料)
参加申し込みフォーム

 

申込締め切り日

2019年3月14日(木)
定員になり次第、締め切ります。

 

主催

京都大学理学研究科附属地磁気世界資料解析センター

 

問い合わせ先

京都大学理学研究科附属地磁気世界資料解析センター
田口聡 taguchi*kugi.kyoto-u.ac.jp または 藤浩明 toh*kugi.kyoto-u.ac.jp
(*を@に変えてください)

 

参考URL

http://wdc.kugi.kyoto-u.ac.jp/index-j.html