[SG4]理学における代数的手法

[SG4]理学における代数的手法

 

企画名

理学における代数的手法

参加教員

教員名 所属 職名
石塚裕大(代表教員) 数学・数理解析専攻 MACS 特定助教
林重彦 化学専攻 教授
太田洋輝 物理学・宇宙物理学専攻 MACS 特定助教

企画の概要

 グレブナー基底は連立多項式方程式を取り扱う、非常に普遍的なアルゴリズム(あるいはそれを提供する概念)である。本 SG では、グレブナー基底と統計を中心としたいくつかの話題を通じて、代数的な考え方や手法について学習し、その用法や計算機を用いた計算、そして自然科学においてあり得る応用について議論することが目標である。
 具体的には、まず環論および統計において現れる各種の数学的概念を、計算機を用いた実習を通して学ぶ。その後、計算代数統計の初歩的なテキストの輪講を主軸として、発展や応用について議論する予定である。数学的概念の学習の際にも、理学の話題を提供することで動機を提供したいと考えている。
テキスト
 青木 敏「計算代数統計 グレブナー基底と実験計画法」

実施期間・頻度

全年隔週

TA雇用の有無(講義型の場合には単位認定の有無)

有(大学院生から、希望者のみ)

スタディグループへの登録は締め切りました。
関心のある方は macs *sci.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)までご連絡ください。
TAG