[SG7]脳科学に関わる数理

[SG7]脳科学に関わる数理

 

企画名

脳科学に関わる数理

参加教員

教員名 所属 職名
加藤 毅(代表教員) 数学・数理解析専攻 教授
篠本滋 物理学・宇宙物理学専攻 准教授
本田 直樹 生命科学研究科 高次生命科学専攻 准教授
小島 諒介 医学研究科 人間科学専攻 特定助教
鈴木裕輔 生命科学研究科 脳機能発達制御学専攻 特定教授
松田 道行

生命科学研究科 高次生命科学専攻

医学研究科 医学・医科学専攻

教授
寺井 健太 生命科学研究科 高次生命科学専攻 准教授

企画の概要

平成31年度は、下記の項目を行う予定でいる。今回の特色は、輪読だけにとどまらず、学生自らモデリングを行いそれを計算機で実走させることで、
脳のダイナミックスに対してよりリアルな感触を得ることを目標とする。
 
(1) 脳の学習理論としての統計的推論モデル、自由エネルギー原理、情報統合理論に注目して、
関連論文の輪読会を行う。
(2) コンピュータ上でアルゴリズムを実装することで理解を深め、
それに基づく神経科学的な課題についての議論を行う。
(3) 外部講師による講義を行う。1-2ヶ月に一回程度を想定している。
海外より、脳の学習理論の分野で著名な研究者を招聘し、
脳の学習理論に関する連続講義を行っていただく予定である。
さらに、その講演内容を理解するための補足セミナーを事前に行うことで事前準備学習を行う。

TA雇用の有無

予定なし
スタディグループへの登録は締め切りました。
関心のある方は macs *sci.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)までご連絡ください。
TAG