スーパーグローバル大学創成支援事業(数学系ユニット)

スーパーグローバル大学創成支援事業(数学系ユニット)

 

概要

 理学研究科数学・数理解析専攻と数理解析研究所では、数理科学の広範な分野をカバーする世界最高水準の研究者集団が協力して数学の教育と研究を行い、構成員や卒業生が世界的に著名な賞を受賞し、あるいは国際数学者会議で基調講演者に選ばれる等の顕著な業績を挙げています。これらの教員からきめ細かい指導を受けて、数学・数理解析専攻の大学院生は、いち早く数学研究の最前線に到達できます。また、両部局では国内外の諸大学の研究者や学生との交流が活発に行われており、第一線の外国人研究者も多数訪問するため、大学院生が自然な形で国際性を身につける環境が整っています。

 

 京都大学のスーパーグローバル大学創成支援事業「ジャパン・ゲートウェイ構想」における数学分野では、「数学系スーバーグローバルコース」を設け、本学の数学研究と教育の強みをベースにして、このコースに登録した大学院生がさらに国際的な豊かな環境で世界の研究者との切磋琢磨できる機会を提供しています。

 

 共同学位指導:特別招へい教授などの海外研究者を副指導教員として、主指導教員である本学教員と学位論文指導に取り組みます。また、海外の副指導教員から指導を受けるなどの目的での、学生の海外渡航支援を行います。これにより、学生は、高い数学の研究能力に加えて、十分な語学力と海外での研究経験から国際的研究ネットワークを作り、学位取得後直ちに国際舞台で活躍できる機会が得られるでしょう。

 

 特別講義・入門講義:フィールズ賞受賞者等の世界トップレベル大学に所属する国際的評価の高い研究者を特別招へい教授として雇用し、特別講義などの形で広い範囲の学生の教育に従事してもらい、また本学の教員と共同で学生の研究指導を行います。

 

 吉田塾・学部セミナー:数学に興味のある学部生対象の講義やセミナーなどのプログラムです。数学に意欲のある学部生は、早い段階から高いレベルの数学の学修・研究に取り組めます。

 

 その他、数学の議論や論文執筆に役立つ「スーパーグローバル科学英語特別講義」なども用意されています。