動物学 動物生態学 ZAE011

 

アカハライモリは皮膚や内臓に神経毒であるテトロドトキシンを持つ。このシマヘビはイモリを捕食しようとし、テトロドトキシンの作用によって死亡したと推測される。

シマヘビ

Elaphe quadrivirgata


脊索動物

爬虫

 
都道府県 京都府 顕微鏡の利用 使用しない
地域 芦生 自動撮影装置の利用 使用しない
撮影日 2013/5/29 赤外線 使用しない
撮影時刻 12:50 蛍光プローブ 使用しない
撮影者 児島庸介 時間間隔 (秒) ---
著作権者 児島庸介 速度 ---

in English