生物物理学  神経生物学  PNS001

 

グルタミン酸受容体をpH感受性蛍光タンパク質 Super Ecliptic pHluorin (SEP) で標識したGluA-SEP (緑)とシナプス後部マーカーであるHomer1C-RFP (マゼンタ) をラットの培養神経細胞に発現させ、シナプス後部周辺で起こるグルタミン酸受容体のエキソサイトーシスを全反射蛍光顕微鏡で観察した。SEPは酸性の小胞内では蛍光を発さず、エキソサイトーシスによって中性の細胞外液に触れると蛍光を発する分子である。動画中の矢印と矢頭はそれぞれ、シナプス後部近傍あるいは後部領域外でのエキソサイトーシスを示す。画像は1秒に1回撮影され、動画では33倍速で再生されている。スケールバーは5µmである。

 

ラット

Rattus norvegicus

脊索動物

哺乳
都道府県 京都府 顕微鏡の利用 使用する
地域 京都大学 吉田キャンパス 自動撮影装置の利用 使用しない
撮影日 2012/8/20 赤外線 使用する
撮影時刻 23:00 蛍光プローブ 使用しない
撮影者 田中洋光 時間間隔 (秒) 1秒
著作権者 田中洋光 速度 33倍速


関連論文: Tanaka et al. (2012) Cell Rep. 1, 291-298

in English