坂崎 貴俊

坂崎 貴俊

氏名

漢字 フリガナ
坂崎 貴俊 サカザキ タカトシ

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 地球惑星科学専攻 大気圏物理学講座 助教

研究分野

気象・海洋物理・陸水学
Atmospheric Sciences

 

メールアドレス

zaki (at)  kugi.kyoto-u.ac.jp 

 

ホームページ等のURL

https://researchmap.jp/takatoshi_sakazaki/

 

自由記述欄

2018年4月に着任しました.生まれ(高校まで)は京都ですが,その後北大(学部・大学院)-->京大(ポスドク3年)-->ハワイ大(ポスドク2年)という修行期間を経て現在に至ります.昔は京都の狭さ(いろんな意味で)があまり好きではありませんでしたが,年を重ねる中でその奥深さ(路地裏文化と勝手に呼んでいます)に大きな魅力を感じるようになりました.このたび京都に戻ってくることができて大変光栄です.散歩・食・読書が趣味なので,休日は路地裏を散歩したり,寺社仏閣を巡ったり,本屋に行ったり,新しい飲食店を開拓したりしています.

 

研究テーマ

専門は大気科学です.これまでは大気の最も基本的な鼓動とも云える日周期変動を対象に,そのグローバルな動態とメカニズムを明らかにすべく,データ解析や数値シミュレーションを用いて研究してきました.一方,歴史学との融合研究にも取り組んでいます.今後は対象を拡げ,地球大気システムの変動過程の包括的理解を目指します.

 

研究概要

地球大気は様々な周期で変動していますが,その最も基本とも云える日周期サイクルの現象を対象に研究してきました.地上の日周期サイクル(e.g.,気温は日中に最高,明け方に最低)は良く知られていますが,一方上空ではどうなのか?地上の日周期と上空の日周期はどのように繋がっているのか?そもそも日周期の現象は,地球の気象・気候システムの形成・維持にどのような役割を果たしているのか?このような問いに答えるべく,データ解析や数値シミュレーションを用いて研究を行っています.今後は,日周期に拘泥せず,大気システムの変動(特に,これまでよく調べられていない短周期変動)を包括的に理解したいと考えています.

一方で,歴史学との融合研究に興味があり,古地震研究会に参加して自然災害関連の古文書を読んでいます.過去(近代気象観測以前)に記録された極端気象現象の発生メカニズムや,本邦の気象学(知識)発展の歴史的系譜を知りたいと思っています.今後は,京都大学という広大なキャンパスを最大限活用して,新しい学際研究を開拓することを楽しみにしています.

 

学生さんへのメッセージ

学生さんの研究では,とにかく自分が楽しめるテーマを見つけてほしいと考えています.素朴な疑問が,意外と奥深いテーマに繋がったりします.私もまだまだ知らないことだらけですので,皆さんと一緒になって勉強することを楽しみにしています.