永田 伸一

永田 伸一

氏名

漢字 フリガナ
永田 伸一 ナガタ シンイチ

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 天文台   助教

研究分野

天文学、太陽電磁流体力学

Solar Magnetohydrodynamics

 

メールアドレス

nagata.shinichi.8x (at) kyoto-u.ac.jp

 

ホームページ等のURL

https://kyouindb.iimc.kyoto-u.ac.jp/j/aM3kE

 

自由記述欄

いつも空に輝いている太陽(おてんとさま)は、その表面温度は6000度程度なのに上空は100万度以上であったり、地球の電磁環境に影響を与えるような爆発現象(太陽フレア)が起きたり、黒点の数がおよそ11年で周期的に増減を繰り返していたりしますが、どうしてそうなのかは、まだ良くわからないことが多くあります。このような性質は、磁場を帯びたプラズマのながれの運動によって引き起こされると考えれており、とくに「磁場」のかたちとその時間変化を観測し、仮説とつき合わせることで、理論を検証することがとても大切です。このような、そこにあるのが当たり前の太陽の不思議な振る舞いの謎解きをするために、飛騨天文台や人工衛星に搭載する観測装置を作り、それを用いた研究を行っています。
 

It is not surprisings at all that the sun is always shining. But, if we look at the with scientific telescopes, the sun shows us various interesting and mysterious phenomena; it has million degree hot gas above the 6000 deg surface, some times shows huge explosion that affects the geomagnetic environment of the earth, and the number of sunspot shows quasi periodicity of 11 years. It is widely believed that the interaction between the plasma and the magnetic field is responsible for those interesting and mysterious phenomena. In order to understand the phenomenon like these, the measurement of the magnetic field is very important. I have been working on the instrument development of solar telescopes in Hida observatory, as well as for space craft.