大槻 元

大槻 元

氏名

漢字 フリガナ
大槻 元 オオツキ ゲン

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
白眉センター     特定准教授

研究分野

神経生理学、神経生物学
Neurophysiology, Neurobiology

 

メールアドレス

gohtsuki (at) neurosci.biophys.kyoto-u.ac.jp

 

ホームページ等のURL

https://kyouindb.iimc.kyoto-u.ac.jp/view/o/ag65z.html

 

自由記述欄

白眉センター兼理学研究科(生物科学専攻)に所属している 大槻 元 です。わたしは現在、脳における学習・思考原理の解明を求めて、小脳の生理学的研究を行っています。小脳は基本的な神経回路構成がよく理解されている脳領域の一つですが、運動機能のみを司る領域ではなく、近年では小脳核を介して大脳皮質との機能的連関が明らかになってきました。また、小脳認知情動症候群といった自閉症やうつ病などの高次脳機能疾患に寄与する脳部位であることも知られるようになりました。私の研究では、電気生理学、行動機能生理学、光遺伝学、神経免疫、fMRI、Ca2+イメージングなどの多彩な手法を使った実験によって、動物の神経活動と行動原理を調べ、脳精神疾患発症の原因を抑える研究を行っています。特に、小脳神経細胞の興奮性やシナプス伝達の可塑性に関連する研究を行っています。研究は、上辺だけの成果ではなく積み重ねであり、人として生きる上でのとても意義のある試行の連続です。熱意・意欲ある学生の参加を歓迎し、サポート致します。(参考論文: Ohtsuki et al., 2012a Neuron; Ohtsuki et al., 2012b Neuron; Grasselli et al., 2016 CellRep; Ohtsuki & Hansel, 2018 iScience; Yamamoto et al., 2018 bioRxiv)

Our research is directed at understanding the principle of the learning and thought through the electrical signaling in the cerebellum, “the little brain”, which locates at the hind brain. The cerebellum is one of the most well-studied brain regions in the vertebrate with regards to the inter-circuit communications, mechanisms for the induction of “plasticity”, and their molecular signaling. Whereas cerebellar researches have been devoted much efforts on the motor learning mechanism and elucidated many important aspects on it, we currently know that the cerebellum is not only regulating motor performance but mental-activity of living animals, as represented in a cognitive affective syndrome including the autism and depression (Schmahmann & Sherman, 1998). We examine the animals’ neural activity and the behavioral principles and seek for its benefits for rescue, with using techniques including electrophysiology (patch-clamp), behavior tests, optogenetics, neuro-immunology, fMRI, Ca2+ imaging, etc. And our focus is especially on the intrinsic excitability plasticity and synaptic plasticity of cerebellar neurons. (ref: Ohtsuki et al., 2012a Neuron; Ohtsuki et al., 2012b Neuron; Grasselli et al., 2016 CellRep; Ohtsuki & Hansel, 2018 iScience; Yamamoto et al., 2018 bioRxiv) We’ll welcome any students who have the enthusiasm and will to advance the brain sciences in our department, and support your research activity here.