川上 則雄

川上 則雄

氏名

漢字 フリガナ
川上 則雄 カワカミ ノリオ

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 物理学第一教室 物性基礎論講座 教授

研究分野

物性物理、強相関系の理論

 

メールアドレス

norio (at) scphys.kyoto-u.ac.jp

 

ホームページ等のURL

http://cond.scphys.kyoto-u.ac.jp/~norio/

 

自由記述欄

プロフィール

私の研究テーマは凝縮系物理学の理論に関するものです。量子多体論の方法を用いて物性基礎論ならびにその応用に関する理論研究を行っています。特に強相関電子系が示す多彩な現象をミクロな観点から解明しています。さらに最近話題となっているトポロジカル量子系、冷却原子系などの研究も行っています。

 

研究テーマ

私は物性物理の理論研究を行っています。特にトポロジカル絶縁体、モット絶縁体、量子スピン系、ナノスケール量子系などの固体系が示す多彩な量子現象をミクロな観点から解明しています。さらに最近話題となっている光格子中の冷却原子系の多体問題も扱っています。

 

研究概要

現在、興味があるのは凝縮系物理学の中でも以下のような話題です。

  1. 強い相関を持つ電子系の量子相転移と臨界現象。フラストレーション効果。モット金属絶縁体付近の異常量子現象など 
  2. トポロジカル絶縁体への強相関効果。トポロジカルモット絶縁体。ワイル半金属など
  3. 冷却原子系での多体効果、非平衡トポロジカル相転移など
  4. 非平衡量子多体系におけるフロケトポロジカル量子相。光誘起相転移など
  5. 量子ドットなどのナノ量子系における輸送現象など
 

ひとこと

京大凝縮系理論研究室は、現在、5人のスタッフで物性理論の広い分野をカバーしています。この中には、皆さんの心をくすぐるテーマが必ずあると思います。最先端のトピックスを取り入れながら、日々研究に勤しんでいます。私個人の趣味は、京都を自転車で巡り、美しいものを観て、おいしいものを食べることです。