秋友 和典

秋友 和典

氏名

漢字 フリガナ
秋友 和典 アキトモ カズノリ

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 地球惑星科学専攻 地球物理学教室 水圏地球物理学講座 教授

研究分野

海洋物理学、流体力学、数値モデル
Physical Oceanography

 

ホームページ等のURL

http://www-ocea.kugi.kyoto-u.ac.jp/

 

自由記述欄

研究テーマ

研究テーマは海洋物理学です。数値モデル実験をおもな手段として、海水運動の物理メカニズムを解明するのが研究の目的です。地球上に生起する大小さまざまな時空間スケールを持った海洋現象(流れ)について、個々の力学を理解するだけでなく、それらが互いに影響を及ぼし合いながら形成している現在の海洋循環の物理的描像を明らかにするを目指しています。

 

研究概要

特に調味を持って取り組んでいるのは次のようなテーマです。

  1. 状態方程式の非線形性:二重拡散、極域深層対流、地球規模循環に与える影響
  2. 海底地形が流れに与える影響:南極周極流・黒潮の流態変化
  3. サブメソ渦のライフサイクル(形成、発達、減衰過程)と輸送過程
  4. 潮流の乱流特性:海底境界層、深層循環
 

ひとこと

陸上で生活している我々には、海を知っていても、そこで起こっていることにはさほどの関心がないかもしれません。しかし、海水が流動することによって熱や水が地球規模で輸送され、地球の気候を決める大きな要因となっているのです。流れのメカニズムを知り、地球気候に対する海の役割を明らかにするのが海洋物理学の大きな目標の一つです。近年の観測技術や計算機科学の発展は、種々の時空間スケールを持つ海洋現象の現状把握と物理的理解を格段に進歩させる可能性を持っています。その一方で、海の流れには身の周りで観察できることと同じ原理が働いている場合も多く、それらの理解がひいては地球規模での海を考える上で大きなヒントを与えてくれることもあります。流体力学や計算機科学などを基盤としつつも、そのような視点を持ちながら海の流れにまつわる謎を1つずつ解明していければと思っています。