畑 浩之

畑 浩之

氏名

漢字 フリガナ
畑 浩之 ハタ ヒロユキ

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 物理学第二教室   教授

自由記述欄

研究テーマ

私の研究領域は素粒子論、特に、「場の量子論」や「弦理論」といった純理論的な分野です。「素粒子論」という学問分野は、この世(宇宙)を支配する微視的究極理論を構築するのが目標です。簡単に言えば、「物を細かく細かくしていくと最後はどうなっているのか?」を明らかにしようとする学問です。そして現在、多くの研究者が、物質の究極の姿は「ひも」であると考えており、この「ひも」の力学を記述する理論が「弦理論」です。なお、「ひも」という描像は、実験によってではなく、”無矛盾な重力の量子論”を理論的に探し求めた結果得られたものです。また、「弦理論」だけではなく、素粒子論一般が、「場の量子論」という枠組みを用いて記述されており、この枠組自体の研究も豊富な内容を持っています。

 

研究概要

  1. 弦理論の記述法の一つである「弦の場の理論」の研究。特に、弦の場の理論の構成法、および、その数学的構造の研究。
  2. 弦の場の理論におけるDブレイン古典解の構成、および、古典解の周りの励起モードの解析。
  3. 様々な相対論的場の理論におけるソリトン解の構成と、それらの物理的応用。例えば、超対称Yang-Mills理論におけるブレイン解、非可換空間上の場の理論における古典解、holographic QCD におけるバリオン解、Skyrme理論における核子解に対する相対論的補正。
  4. ゲージ理論に対するBRST量子化、および、それに基づいたカラー閉じ込めの研究。