堤 昭人

堤 昭人

氏名

漢字 フリガナ
堤 昭人 ツツミ アキト

所属部署・職名

部局 所属 講座等 職名
理学研究科 地球惑星科学専攻 地球鉱物学教室 地球テクトニクス講座 准教授

ホームページ等のURL

http://www.kueps.kyoto-u.ac.jp/~web-tecto/

 

自由記述欄

研究テーマ

私の研究テーマは地質学の中の構造地質学、実験岩石力学です。主に地殻浅部の断層変形や断層すべりの力学に関する研究をおこなっています。天然の断層変形を実験室で再現し、実験的に明らかにした断層性質を用いて変形をモデル化することで地震の発生機構を解明することを目的とした研究をすすめています。

 

研究概要

最近の研究の実例として以下のような研究が進行中です。

  1. 地震性すべり速度条件における岩石の摩擦特性に関する実験的研究
  2. 沈み込み帯地震発生域掘削計画における断層物質解析
    - IODP研究航海(南海トラフ、コスタリカ地震発生帯掘削計画)への参加
  3. 過去の沈み込み帯プレート境界断層変形に関する実験的研究
    - 四万十帯、コディアック島付加体など
  4. 断層すべり時の摩擦発熱に伴う温度上昇過程に関する実験的研究
 

ひとこと

研究室では、地震時の断層変位速度に相当する速度領域での摩擦実験を行うことのできる中―高速摩擦試験機、高圧条件下での岩石変形に関する力学的特性に関する実験を行うことのできる高圧変形試験機など、世界的にみてもユニークな変形試験機を有しています。野外における調査研究と、これら独自の変形試験機を用いた実験的研究を研究の両輪としている点が研究室の特色です。

フィールド調査の醍醐味は、例えば、隆起・削剥を経て現在地表に露出する深部断層岩(かつて地殻深部にあった断層岩)の変形を調べることで、震源域における岩石の変形にじかに触れることができる点にあります。断層露頭や断層岩中の変形組織を解析することで、かつての断層変位の回数、あるいは断層のズレのセンスなどの重要な情報を抽出することができます。一方で、天然の観察で得られた情報のみから、断層のすべり軟化距離、摩擦係数の速度依存性などの力学的性質、あるいは岩石変形に伴う内部構造の変化と岩石の透水性変化などの動的性質を読み取ることはできません。このような性質を調べるためには、その目的に応じた試験機を開発し、変形のさまざまな性質を実験で求める必要があります。新たな試験機を設計・開発し、システムを軌道にのせることも重要な研究活動の一つであると我々は考えています。