KyU Tube Bio(キュー・チューブ・バイオ)利用規程(本文)

KyU Tube Bio(キュー・チューブ・バイオ)利用規程(本文)

本利用規程は、<KyU Tube Bioへの接続者>(以下「甲」という)が、京都大学理学研究科生物科学専攻が運営する<KyU Tube Bio運営組織>(以下「乙」という)の保有する本アーカイブ及び本アーカイブに収録された映像・画像データの利用をおこなうにあたって、甲および乙の間に適用されるものである。

第1条(定義)

本規程において、次の用語は、以下に定める意味を有する。

(1) 「映像・画像データ」とは、映像・画像および音声データ、映像・画像のサムネイル画像、ならびに付随する解説文などのメタデータをいう。

(2) 「本アーカイブ」とは、乙が管理運営する主として生物の、もしくは生物学に関する映像・画像データを収録素材として構築されたオープンアーカイブをいう。
(3) 「本映像・画像データ」とは、本規程に基づき、乙が甲に提供する映像・画像データをいう。

(4) 「研究者」とは、本映像・画像データを本アーカイブに提供した研究者をいい、その氏名および所属は、それぞれの本映像・画像データの掲載ページに記載される。
(5) 「閲覧」とは、本アーカイブに接続し本映像・画像データを検索または視聴することをいう。

第2条(閲覧許諾)

甲は、インターネット等のネットワークを通じて本映像・画像データを非独占的に閲覧することができる。

第3条(利用許諾)

甲は、非営利の教育または非営利の研究目的に限り、以下の各号に定める範囲で、非独占的に本映像・画像データを利用することができる。

(1) 複製すること
(2) 頒布すること
(3) 上映すること
(4) 翻訳すること
(5) インターネット等のネットワーク上で公衆送信すること

2.甲は、事前に研究者の同意を得ることなく、本映像・画像データを本条項の範囲を超えて利用してはならない。
3. 本条項に定めのない条件については、甲は別途、研究者の同意を得るものとする。

第4条(本映像・画像データの提供等)

乙は、インターネット等のネットワークによる送信によって本映像・画像データを甲に提供するものとする。
2. 甲は、提供された本映像・画像データを善良なる管理者の注意義務をもって管理するものとする。
3. 甲は、本映像・画像データの利用の必要がなくなった場合には、本映像・画像データおよびそのバックアップコピーをただちに消去または廃棄するものとする。

4.前項に定めるほか、甲は、乙または研究者の求めがあった場合には、本映像・画像データおよびそのバックアップコピーをただちに消去または廃棄し、また、本映像・画像データを利用した公表済みの甲の成果物を除き、以後の利用を行わないものとする。

第5条(対価)

本規程に定める閲覧および利用許諾の対価は、無償とする。ただし、営利目的で利用する場合(事前に研究者の同意がある場合に限る。)または個別に条件が定められている場合は、この限りでない。

第6条(禁止行為)

甲は、本アーカイブを利用するに当たり、以下の各号に定める行為をしてはならない。

(1) いかなる態様および理由でするかを問わず、事前に研究者の許諾を得ることなく、営利目的で本アーカイブおよび映像・画像データを利用すること。

(2) 本映像・画像データの著作者の著作者人格権または名誉声望を害する態様で利用すること。
(3) 乙による本アーカイブの運営、もしくは第三者による本アーカイブの利用を妨害する目的をもって接続すること。
(4) 本アーカイブまたは映像・画像データの改変、誤動作、その他の不正の目的をもって接続すること。

第7条(権利帰属)

本映像・画像データの著作権は、研究者(または当該研究者に本アーカイブへの提供を許諾した著作権者)に留保される。

第8条(クレジット表示)

甲は、本映像・画像データの利用に際して、当該本映像・画像データの研究者の氏名、撮影者名(研究者とは別に記載がある場合)、本アーカイブ名および当該本映像・画像データに与えられた映像・画像データ番号を明示しなければならない。

第9条(規程の適用と変更)

甲は、甲が本アーカイブに接続し閲覧を開始した時点で、本規程の各条項に同意したものとみなす。
2. 乙は、甲の承諾を得ることなく、本規程を随時変更することができる。本規程が変更された場合は、甲が本映像・画像データを閲覧または利用する時点における本規程が適用されるものとする。

第10条(免責事項)

本アーカイブまたは本映像・画像データの利用に関連して甲が受けた刑罰、甲の第三者に対する権利侵害、もしくは甲が本規程の全部または一部に違反することに起因または関連して生じたすべての損害賠償請求や異議申立てについては、甲の費用と責任で解決する。
2. 乙は、甲が本規程の全部または一部に違反することにより乙に損害を与えた場合には、甲に対し、当該損害の賠償および乙が弁護士に支払った費用を請求することができる。
3. 乙および研究者(研究者とは別に撮影者または当該研究者に本アーカイブへの提供を許諾した著作権者がいる場合は、これらの者を含む。本条において以下同じ。)は、甲が本アーカイブまたは本映像・画像データの利用を行うことで甲または第三者に損害が生じた場合、それがいかなる原因であっても、甲および第三者に対して一切の損害賠償の責を負わない。
4. 乙は、本映像・画像データについての信頼性、正確性、適法性、第三者の権利の非侵害、または映像・画像データファイルの品質、完全性もしくは無害性、その他一切を保証しない。
5. 乙は、事前に通知することなくいつでも本アーカイブの運営、ならびに仕様の全部または一部を変更、停止または中止できる。
6. 乙は、甲が本規程の全部または一部に違反したときは、本アーカイブへの接続禁止など、必要な措置をとることができる。
7. 乙は、前二項に関連して甲に損害が生じた場合でも、甲に対して一切の損害賠償の責を負わない。

第11条(条項解釈と協議)

本規程に定めのない事項および本規程の各条項の解釈に疑義が生じた事項ついては、甲乙誠意をもって協議し解決するものとする。
2. 本規程の各条項の解釈において、本日本語版と英語版に矛盾が生じた場合は、本日本語版の条項を優先する。

第12条(合意管轄)

本アーカイブまたは本映像・画像データの利用に関連して訴訟の必要が生じた場合には、京都地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

第13条(準拠法)

本規程は、有効性、解釈および履行に関するすべての事項について、日本国法に準拠する。

 

付則

1. 本規程は、2018年6月1日から施行する。