カワカイメン芽球

カワカイメン芽球

生物物理学  分子発生学  PMD006


カワカイメンの芽球には、数千個の休止幹細胞のみが入っている。 生育に適した環境に置かれると、幹細胞が活性化し、芽球の殻の周りに個体を形成する。
 

カワカイメン

Ephydatia fluviatilis

海綿動物

尋常海綿

 
都道府県 京都府 顕微鏡の利用 使用する
地域 京都大学 吉田キャンパス 自動撮影装置の利用 使用しない
撮影日
2017/9/26
赤外線 使用しない
撮影時刻
---
蛍光プローブ 使用しない
撮影者 船山典子 時間間隔 (秒) ---
著作権者 船山典子 速度 ---

in English