バクテリアのDNA複製開始複合体のモデリングシミュレーション

バクテリアのDNA複製開始複合体のモデリングシミュレーション

生物物理学  理論生物物理学  PTB004

 

細胞が分裂するときには、細胞が持つ遺伝子も複製される必要があります。遺伝子を複製する過程で、その実体であるDNAの二重らせんがダイナミックに開裂することが知られています。この開裂がどのようにして始まるのかを明らかにするため、二重らせん開裂が始まる直前にDNA上に形成する構造体のかたちを、コンピュータシミュレーションによって調べました。動画のものは構造体の一部で、DNAと、そこに結合した7分子のタンパク質からなっています。動画の中ではDNAが灰色、DNAを曲げるタンパク質(Integration Host Factor)は黒で示しています。また、動画中で5量体を形成するDnaAタンパク質は視認性を高めるため、二通りの方法で交互に着色しています。青(互いに結合する部分)・薄紫(DNAについている部分)、または緑(互いに結合する部分)・黄緑(DNAについている部分)となっています。

 

大腸菌

Escherichia coli

プロテオバクテリア

γプロテオバクテリア
 
都道府県 京都府 顕微鏡の利用 使用しない
地域 京都大学 吉田キャンパス 自動撮影装置の利用 使用しない
撮影日 2017/2/4 赤外線 使用しない
撮影時刻 --- 蛍光プローブ 使用しない
撮影者 清水 将裕 時間間隔 (秒) 使用しない
著作権者 清水 将裕 速度 ---


キーワード: ゲノム複製, DNA-タンパク質複合体, 分子シミュレーション
関連論文:Shimizu et al. (2016) Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A., 113: E8021–E8030.

in English