ダイニンのパワーストローク運動

ダイニンのパワーストローク運動

生物物理学  理論生物物理学  PTB003

 

細胞質ダイニンはATPの加水分解から得られるエネルギーを用いて構造を変化させることで微小管上を歩行運動する分子モーターである。しかしダイニンの構造変化経路は実験で観察出来ない小さく、速い現象である。そこで分子動力学計算を用いてダイニンの構造変化をシミュレーションした。この動画はシミュレーション結果をダイニンのドメインごとに色分けして、加水分解前後を色の濃淡で表現している。

 

キイロタマホコリカビ

Dictyostelium discoideum

アメーボゾア

コノーサ
 
都道府県 京都府 顕微鏡の利用 使用しない
地域 京都大学 吉田キャンパス 自動撮影装置の利用 使用しない
撮影日 2017/1/16 赤外線 使用しない
撮影時刻 18:22 蛍光プローブ 使用しない
撮影者 久保進太郎 時間間隔 (秒) 使用しない
著作権者 久保進太郎 速度 ---


キーワード: 細胞質ダイニン, 分子モーター, パワーストローク
関連論文:Kubo et al. (2017) PLoS Comput. Biol. 13(9)

in English