ヌクレオソームの回転共役スライディング

ヌクレオソームの回転共役スライディング

生物物理学  理論生物物理学  PTB001

 

長大なゲノムDNAを核内に格納するために形成されるタンパク質・DNA複合体であるヌクレオソームは、DNA上を移動することがある。これは分子動力学シミュレーションの計算結果による動画である。この計算で使用されている均一な配列では、DNAはそのらせん構造に沿って回転しながらスライドしていく。識別のため、中央からDNA一巻きごとにあるヌクレオチドを赤く示している。

 

アフリカツメガエル

Xenopus laevis

脊索動物

両生
 
都道府県 京都府 顕微鏡の利用 使用しない
地域 京都大学 吉田キャンパス 自動撮影装置の利用 使用しない
撮影日 2017/6/19 赤外線 使用しない
撮影時刻 13:27 蛍光プローブ 使用しない
撮影者 新稲 亮 時間間隔 (秒) 使用しない
著作権者 新稲 亮 速度 ---


キーワード:ヌクレオソーム,  ヌクレオソームスライディング, 分子シミュレーション
関連論文:Niina et al. (2017) bioRxiv (doi: 10.1101/177436)

in English