SG4「理学における代数的手法」セミナー

SG4「理学における代数的手法」セミナー

微分代数を用いたモデル解析のシステムバイオロジーへの応用

日時

2019年6月24日(月)16:30〜18:00

 

場所

京都大学理学研究科 3号館 数学教室110号室 
アクセス 建物配置図(北部構内)【5】の建物

 

講師

小松 瑞果氏(神戸大学大学院システム情報学研究科)

 

要旨

システムバイオロジーは、生体内の様々な現象を、その相互作用などを含めて統合的に解析する分野である。多くの場合、着目する系は、数理モデルで表され、これを用いた解析を行う、例えば、系から観測された時系列データを用いてモデ ルパラメータを推定することにより、パラメータが表す生物学的機能などを解析する。しかし、実験に関する様々な制約から、データが十分に得られず、パラメータが一意に定まらない場合がある。本講演では、このような問題に対する、微分代数を用いた解析手法を紹介し、実問題への応用例を示す。