事例集

事例集

ケース1:(H28 理学部学生)数学と生命科学に関する質問
            →文献紹介を行いました(終了)
ケース2:(H28 理学研究科大学院生)生命科学の問題への数理モデルの質問
            →内容のスクリーニングを経て,数理モデルを検討しています.
                                           →他大学の専門家との議論を経て,現状では数理モデルの構成は困難との判断となった(終了)
ケース3:(H28 社会人)環境工学の数理モデルに関する質問
            →外部の研究者を紹介しました.
            →継続的に今後の方向性について議論を継続しています.
ケース4:(H29 他大学医学部)本学医学研究科からの紹介で医学のシミュレーション結果の数学を用いた特徴付け
            →関係者と打ち合わせ,さらに外部研究者との打ち合わせ,その後セミナーを開催することとなりました.
            →(第一回目 H29. 10. 20) セミナーを行いました.
            →(第二回目 H29. 11.8)問題について議論
            →(第三回目 H29. 12. 3) 具体的なデータの供与をうけて数学的な議論を行いました.
            →(第四回目 H30. 1. 15) 具体的結果に基づいて共同研究への移行を検討しました.
            →(第五回目 H30. 4. 2) 共同研究として議論を開始しました.(研究費応募)
            →(第六回目 H30. 5. 9)  研究打ち合わせを行いました.
            →(第七回目 H30.10. 4) 共同研究へと移行しました(終了,共同論文執筆となりました)
ケース5:(H29 理学部学生)数学と生物物理に関する質問
            →関係者と打ち合わせ,いくつかのアイデアを交換しました.(終了)
ケース6:(H29 医学研究科教員)臨床医療データの解析やモデリング
            →(第一回目 H29.9.7)問題点について議論を行いました.
                                           →(第二回目 H29.9.20)問題点の一つについてさらに数学的な議論を進めました.
                                           →(第三回目 H29.12.1) 前回の問題についてさらに検討を深めました.共同研究へ移行しました.
            →(第四回目 H30. 1. 30) 共同研究の打合せを行いました.プログラム開発済み
            →(第五回目 H30. 7. 12) 研究打ち合わせを行います.
                                           → 共同研究に移行しました(Math Clinicとして終了,共同論文執筆となりました)
ケース7:(H30 理学研究科大学院生)生物物理の問題に関する質問
            →(第一回目 H30. 3. 13)問題点について議論を行い,テストデータ解析をして結果を渡しました.(終了)
ケース8:(H30 理学研究科大学院生)生物物理の問題に関する質問
            →(第一回目 H30. 3. 13)問題点について議論を行いした.
            →  (H30. 5. 31) 他大学の数学研究者からコメントをもらい,後日セミナーを行うこととなりました.
ケース9:(H30 文学研究科教員)科学哲学における数学的定式化に関する質問
            →(第一回目 H30. 4.  2.) 問題点について議論を行いました.いくつかの提案を行いました.
ケース10:(H30 iCeMS教員)生命科学現象のデータ同化に関する質問(共同研究の依頼)
            →(第一回目  H30. 6. 26) 研究内容に関して質問を受けました.今後関連する手法の研究情報を提供することとなりました
            →(第二回目  H30.10.17) さらに研究内容について検討を加えました.検討継続.
ケース11:(H30 企業研究所)企業製品の数理的な観点からの品質評価についての質問
            →(第一回目 H30. 9. 28) 関連する数学研究者とともに話を伺い,今後,坂上を含むその研究グループでの研究案件に移行して具体的な実証研究を進めることになりました.(Math Clinicとしては終了.秘密保持契約締結.)
ケース12:(H31 企業研究所)企業研究開発の数理的な観点からの評価方法について質問)
            →(第一回目 H31. 4. 7)関連する数学研究者とともに話を伺い,今後,坂上を含むその研究グループでの研究案件に移行して具体的な実証研究を進めることになりました.(Math Clinicとしては終了.秘密保持契約締結.)
ケース13:(R01 iCeMS教員)材料科学の問題の流線位相解析による特徴付けについて質問
            →(第一回目 R01. 5. 17) 関連する数学研究者とともに話を伺い.今後,別の研究者との共同研究案系に移行することになりました.(Math Clinicとしては終了)
ケース14:(R01 他大学研究所教員)精密計測技術における数理的諸課題の解決可能性について質問
            →(第一回目 R01. 6. 19) 坂上と検討を行い.有望な課題についてテストデータを送ってもらうことになりました.
ケース15:(R01 他大学教員)当該教員研究課題における数理的諸課題の可能性について議論
            →(第一回目 R01. 8. 29) 研究状況の確認.互いの研究ニーズとシーズの交換を行い.継続議論となりました.
            →(第二回目 R01.11.10) 研究状況の確認.課題の設定について議論.
            →(第三回目 R02.07.08) 研究打ち合わせ.TFDA応用可能性について検討.データ提供を決定.(オンライン),
            →(第四回目 R02. 07. 28) 研究打ち合わせ.TFDAから指標抽出の検討.さらなるデータ検討を決定(オンライン)
ケース16:(R01 理学研究科教員)生命科学に関する研究について数理的諸課題について議論
            →(第一回目 R01. 10. 4) 研究状況の確認.すでに数理研究者との共同研究があることを踏まえ,その学際研究をより深化させるための学術的な支援をすることとなった.
            → MACS SGとして研究支援(MathClinicとしては終了)
ケース17:(R02 公益法人研究者)鉄道技術に関する数理的課題の打ち合わせ
            →(第一回目 R02. 02. 12) 鉄道技術に関する数理課題の意見交換
            →(第二回目 R02. 05. 18) 数理研究課題の調査報告と問題の定式化(オンライン)
ケース18:(R02 理化学研究所研究者)海洋データへのTFDAの適用に関する相談
            →(第一回目 R02. 06. 05) データへのTFDA適用結果の検討の方向性の確認(オンライン)
            →(第二回目 R02. 07. 22)提供を受けたデータのTFDA解析結果の検討.有望につき共同研究へ移行(MathClinicとしては終了)
ケース19:(R02 理化学研究所研究者)雲形成シミュレーションデータへのTFDAの適用に関する相談
            →(第一回目 R02. 07. 01) データへのTFDA適用可能性について検討.データ提供を決定.(オンライン)
ケース20:(R02 東京大学研究者)生命画像データへのTFDA適用に関する相談.
            →(第一回目 R02. 07. 14) データへのTFDA適用可能性について検討.データ提供を決定.(オンライン)
ケース21:(R02 医学研究科教員)臨床医療データの解析やモデリング (ケース6と同じ研究室)
            →(第一回目 R02. 07. 22) 新しい計測装置の数理的課題について検討.(オンライン)